Te-cafe
0:00~24:00 everyday&night

プロフィール

て

  • Author:て
  • 大学4回生。
    大学は京都にありますが、大津市にある某研究センターで卒業研究するべくRitsに混じって草津に住んでます。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


熱冷たいやつ

実家で母が冬によく作ってたお菓子の作り方を聞いてきた。
ちゃんと聞いたはずやのにテキトーに再現したのはご愛嬌。
お菓子の名称も何やったっけみたいな。
アイス・クランブル?アイス・スクランブル?何かそんなん。

水と砂糖を少しだけ入れて炊いたリンゴスライスの上に、リッツ(クラッカーの)を砕いたやつまぶして、メープルシロップをガーってかけて、オーブンでちょい焼いて、熱々のうちにバニラアイス乗っけて、またメープルシロップをかけて食す。

ice.jpg

オーブンレンジ無いからトースター使って、アルミホイルの上に乗せて適当にやってたらちょっと焦げた。
アイス溶けるから焦ったせいで、写真が適当なのも勘弁。

味はちゃんとかつて食ったお袋の味。
熱いのと冷たいのが分け分からんの良いよ。
真冬の晴れた日差しとか。

初売りでリッツと良さげなバニラアイスの安売りをしてくれるグレースは、やっぱみんなの味方。

追記。
焼く前にバターを少し乗せれって言われてたの忘れてた。
スポンサーサイト

食を乱して

大学祭中まともなもん食えないだろうとは予想していた。
実際、リンゴと余ったクレープ、クリームが主食やった。

でも祭明けの先週まで、もろもろの事情から食事が咽喉を通らないとは。
主食、水菜。

ようやく今週になって食事情は復活したけど、実験がお休みなせいで1週間で出た授業は、

月曜2限後半30分
火曜2限後半30分
金曜3限英語20分遅刻

のみ。
あと教習4時間。
でもまあミステリーたくさん読めたからいいか。
年末年始はバイトしてまかない食って栄養つけよっと。

ミルクレープ

所属している某陸上系サークルは大学祭で喫茶店を営む。
出し物は手作りケーキ、ドリンク+α(これがメイン)

でも推理研もあって当日の参加状況はどうなるやら分からん。
せめて空いてる晩くらい売り物のケーキを作りたいが、オーブン持ってないしどうしようかと思ってたこの頃。
レアチーズケーキはやはりオーブン無い人が結構作るみたいやったからどうかと。
ゼラチンと砂糖とカスピ海ヨーグルトが我が家にあるからヨーグルトケーキも作れるねんけど、とりあえずなんか白いし。
そんな中、学部のE藤氏がミルクレープを作ったという話を聞いた。

あれである。
クレープ・クリーム・クレープ・クリーム……
の地層っぽいやつ。
しかも生クリームさえ買えば材料は家に揃っている。
で、

milcrap.jpg

やってみた。
クレープを無造作に重ねただけにしか見えんが。
そしてあながち間違いとは言えないのが辛い。
一応、安売りのときに買ったきり仕舞いこんでたミカンの缶詰を汁気切ってクリームに混ぜた。

実家ではホットプレート使ってたから、フライパンで焼くのは初めて。
深底のそれの中で引っくり返すのは結構ムズい。
竹串で縁を取り、箸ではさんで返す作戦に至る頃には生地が尽きてた。

生地冷ました後にクリームを。
ハンドミキサー安かったから買ってんけど、歴史上最初に乳脂肪をあんなになるまで泡立てた人って誰やねん。
頭悪すぎ?賢すぎ?たぶん泡だて器も無かったろうから腱鞘炎間違いなし。
いつかのトリビアで納豆を何万回かかき混ぜてたな。
塗ったくってると案の定使いすぎで、上にいくに従い減ってくるピラミッド工法(違
クリーム不足により1枚余り、最初の微妙なのとか味見して3枚消費した以外の13枚を使用。
mil には程遠い。
冷やしてから切ってみた。

piece.jpg

notch.jpg

意外にぽくなっている気が。
まあ下層には明らかに過剰量のクリームがあるが。

早速試食してみた。
少しクレープがもっちゃりしてるかな。
もっと薄く均等に焼く技術が要る……
ところで食べてから気付いてんけど、今までの人生で
ミルクレープなんて見たことも食ったこともない。
なんてこった。
E藤から聞いたとき、いかにもありそうやから元から知ってた気になってたのか。
プロの作ったやつを知らん以上、美味しいやつの美味しいたる所以が分からんやんか。

とりあえずこれはこれでBOXに持って行くとして、また作るならばその前にプロの作ったもん食ってみたい。
誰かプロの人ー。

あとサイトで適当に調べたところ、クリームとカスタードクリームを交互にすると良さげとか。

Project P -実行編-

24時間経って串を刺して確認したところ、少しゆるかったので

Icing.jpg

念のために多めに作っといた氷と、ペットボトルアイスで強冷

もともとは6人で食う予定だったものが、CATSの欠席及びI本氏のドタキャンにより4人で4.5ℓを食すことに
この時は、まあそれでも一人1ℓちょいくらいいけるやろと踏んでたのであるが…

さて4人で引っくり返すことに。
その様子はwithsカメラに収められてるのでまた今度。
とにかく持久走のBOXから借りた鍋の底にボウルの淵を当てて、一気に引っくり返す。
ボウルを引き上げてプリンを取り出す。

ギュ、ギュポギュポポ…

ヌポッ

Bowl-Pudding.jpg

食べ物にあるまじき産声をあげて、それはご生誕。
念入りな冷却もした上、バケツとは違って卵型なおかげか生まれたばかりの小鹿のように立派にお立ちになられていました。

では早速、例のアメリカンチェリーを。

Cherry.jpg

…おっと。
このへんでその後の男だらけのプリンパーティーのノリが決定していたわけである。

さらに生クリームで。

Decorated.jpg

では、

Eating.jpg

ズブリュッ

いただきまーす!
各自のお椀で食べ始める。

うむ、まごうことなき北部プリンのお味。
決して美味いわけではないがスプーンが進まなくはない。

一掬い、二掬い…

Stop.jpg

一人500mℓくらい食べたところで何だかストップ。
体が黄色くなりそうな不快感。
まだ半分以上あるねんけどコレ…
理不尽な量を何とかすべく、ダメ元で夜遅くにも関わらず人を呼び寄せる。

最初にナカシンが登場。
しかし500mℓほど持ってすぐに帰るという暴挙。
彼はその間ゴメンナサイを30回は言ったろう。

まずい減らない。
と思ってると。

Rescue.jpg

これがプリンの魔力であろうか、ワラワラと人が群がり出す。
食べた人数延べ11人。
で、

Empty.jpg

完食!

もう北部でプリンは食えんな…

Project P -準備編-

昨日はかの3世帯住宅からももも氏及びブルースを借り受け、有機化学対策に明け暮れた。
実際にはももももブルースも日暮れ前に帰り、オレは夜明けるまで一切勉強しなかったが。
まあ単位はあるでしょう、ありがとうございました。

それはともかく、もう一つ彼らから借りたものが。

そう満水容量5ℓはあるボウル。

先人の8ℓ→10ℓ→15ℓには遠く及ばぬものの、巨大ボウルプリンを作ろうというわけである。
明日のwiths追い出しの際の要望に応じた?余興である。
コレを与えられるwiths氏の体重、はて何キロかね?
このボウルで行水くらいならできそうかもw

本日、レポ明けでグロッキーなタッキーをいざない、生鮮館で買い物。

・プリンミクス×16箱
・牛乳2ℓ
・ホイップ×2
・アメリカンチェリー1パック

前者2つと水でプリンが出来るという優れもの。
プリンミクス1箱で300mℓ分に当たり、計4.8ℓ分を購入w
後者2つは飽きないための材料。
生鮮館のレジのオバちゃんはこれから何があるのか薄々分かったろう。
それらを手に、夕立をかわして我が家へ。

早速製作開始。

1.ボウルで水を量る

 ヒタヒタと満たされていくボウル。
 一箱で200mℓなので3.2ℓ
 ただの水なのに量り入れる度に手が震える恐怖体験。
 先人曰く、後の3.あたりで
 「自分たちがキルゾーンに踏みこんでるのを認識します」
 とのことであるが、我々は早くもこの段階で感づいてしまったようである。

2.水を大鍋で沸かす。ボウルに粉を入れる

 Witch’s-caldoron.jpg

 まさか鍋物をする以外にコイツを使用するとは。
 バラバラに沸かすと温度が不均一になるのでね。
 そしてその間に…

 Magic-powder.jpg

 白い粉をひたすら開封して投入。
 その度に軽く立ち込める白煙甘い香り
 それらが晴れると、そこには積もりに積もった魔法の雪山。
 我々の心はこの峰を前に躍っていたのか、震えていたのか…

3.ボウルに湯を入れ、粉を溶く

 Pouring.jpg

 危ない香りが増す中、ダマにならぬように混ぜていく。

 Stirred.jpg

 先人は「さすがは業務用」と語ったが、市販品にも消泡剤だかなんだかは入っていた模様。
 混ぜても混ぜても、魔法のように泡が消えていくではないか。
 いや何?この危ない粉…

4.牛乳を加える

 Milked.jpg

 既にヒタヒタになりつつある液に、冷たいままの牛乳を加える。
 とりあえず1本投入し、さらに300mℓ加えた。
 本来は一箱100mℓの水か牛乳だから1.6ℓなのであるが、少なめにしといた。
 少し液が濃いくらいなら固まり具合も良くなろうさ。
 その減らした300mℓ分は普通に1箱作れる量なのは内緒。

5.冷やす

 Maturing.jpg

 さっきの大鍋(直径28センチ)のフタがピッタリ合ったのでラップ要らずw
 8月頭からしばらく家を空けるから冷蔵庫の中も減らしてて良かったわ。
 しかし…熱い
 明日晩9時までの30時間で冷え切って固まってくれることを願うしかない。
 
しかし、これを引っくり返して入れる器が無いな。
サークルのBOXにある鍋でも借りようか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。