Te-cafe
0:00~24:00 everyday&night

プロフィール

て

  • Author:て
  • 大学4回生。
    大学は京都にありますが、大津市にある某研究センターで卒業研究するべくRitsに混じって草津に住んでます。



カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秋満喫

・スポーツの秋
タイガース優勝。今シーズンの阪神を象徴するような勝ち方でしたね。

・食欲の秋
サンマ+ビール(夕飯)、ポン酢でいただくカワハギのお造り+日本酒(燗)(晩酌)。勝利の美酒に酔いしれて…

・読書、あるいは芸術の秋
やっさんと共に電気屋見に行った帰りに寄ったブックオフにて、浦賀和宏の「記憶の果て」のノベルス版を発見。初版にて終わってるやつで見つけた瞬間の感動は金本がウィニングボールを捕球した瞬間よりも上でした。ただしそのあとに行ったルネでは新刊文庫のうち霧舎巧の「マリオネット園」だけ売り切れてました…。やはり発売日にさっさと買いに行くべきでした。他の講談社文庫新刊―

・桜闇(篠田真由美)
・試験に敗けない密室(高田崇史)
・百器徒然袋――雨(京極夏彦)

は購入。10月は講談社からは特に欲しい本が出ないのでその隙にいっぱい読みたいですね…
スポンサーサイト

タコわさにするかイカめんたいにするか

2日連続やっさんの家で徹夜コース。なんとなくゲーム徹夜にはダメ出し。疲れなくて余計に徹夜しやすくなりました。たこわさウミャー。

みんながblogで成績がこんなでしたと曝してる中、何も書いてないのもアレなので成績開示。成績表は教基礎100点から始まり、微積30点にて終わります。まだオレより微積悪い人見てません。試験受けてないジャイとかアレな人たちは0点のハズですが。微積をポイさせて山口は上関へといざなった教授(マコリン)の科目、生物自然史は90点。微積と足して平均したら…っていうとってもイキな計らいですね。他の科目は線形以外はそんなに残念な成績でもなかったからもうええわ、ヘハァー。

タラ・ダンカンの2作目を読了。各巻上下分冊かつ全10巻っつう遠大な話になる予定なだけに、敵キャラが単なる絶対悪ではないように描かれ出して深みを見せ始めました。スピーディー(もす○うの歌詞は関係ない)な展開、文章は継続していて良。

ウマイ アワモリ、カワハギ、アカワイン

秋分ですよ。今日、23時に寝て、明日、7時に起きる。この一連の行為を成し遂げるか否かにこの夏の全てがかかっていると言っても過言ではない徹夜明けの朝。

昼夜を徹して

やっさんが書いてるみたいなノリの日曜、月曜だったわけですが、確か前回目覚めたのは18日午後14時頃。そこから一睡もしないで現在に至ったわけです。それなりに体内時計がダメです。
高校生物の授業で概日リズムの実験が取り上げられてて、実験動物は独自の生物時計にしたがって1日の活動をしているものの、その時計は周囲の明暗に合わせて修正されているってことが示されていたんですが、実験での人工的な明暗の周期は多少変えてあっても15時間の明期と9時間の暗期とか、全体として24時間区切りになっていました。でも、たとえば20時間の明期と20時間の暗期を繰り返したら、1時間周期なら、あるいは1時間明期→2時間暗期→3時間明期…とか嫌がらせみたいなのをやったらどうなるのかってことが書かれてないから質問しようと思っていたことを思い出しました。
寝たら次に起きるのがいつになるか怖くて寝れないんですよ。

何ゴハン?

昨晩、月見だんごを食い尽くした22時半くらいに、たかやんから鴨川で月見せん?メールが届きました。そんなアレでTSUTAYAN、やっさん、たかやんと大文字に登ることへ。当然サンダルで。
大の真ん中に着くとボーイスカウトの子供らがキャンプの様子。ちょっとしょぼくない?とは言わず、引率の方が子供らにしてた「0時になったら京都タワーの電気が消えます。」とかの説明に合いの手を(主にやっさんが)入れ放題。とんだ酔っ払いですねぇヤレヤレ。何を思ったかその人らに写真撮られたし。
降りるのが面倒臭かったので夜明け(珍しい月の入りが見えるはずが曇りのせいでイマイチでした…)まで語らい、下山、朝飯、そしてさっき起床、空腹。さて、今から食う飯は何飯というべきでしょか
[続きを読む]

チャララッチャッラッラ♪

晩飯に、3分間クッキングでやってたヤツを適当に劣化させて作りました。
鶏胸肉とジャガイモのロースト。
オリーブオイルに塩、コショウ、ニンニク、ローズマリーを加えたもので鶏肉をマリネしたのを焼くんですが、ローズマリーがない、ニンニクはチューブのアレって有様。
肉を漬けたオイルの残りに電子レンジで蒸かしといたジャガを(ニンジンも入れてみた)からめて、一緒にフライパンへ。肉は皮を下にして。
TVでは肉にフライパンより小さい蓋を直接乗せ、その上に石の重しを乗せて皮がフライパンにベッタリと付くようにしたらパリッと焼けるっていってましたが、そんな装備はないので、アルミホイルを被せてフライ返しでギュッギュ!悪くない仕上がり。外はこんがり、中はふっくらを達成。
お味も満足のいくものでしたが、やっぱローズマリーは欲しいし、ニンニクもマトモなものを使った方が確実にレベルアップしますよ。胸肉がもう1枚あるから明日は買い物行って、もうちょいしっかりと同じメニューに挑戦しようかね…。

ローレライ読了

終戦のローレライ、文庫版の全4巻を読了。終わりの方は話が終わった、後日譚みたいでちょっと余計やったかな?とは思うものの、戦争モノの出来映えとしては悪くないです。なぜかガンダムの1シリーズの小説版にも少し手を染めているらしいこの作家、そう思えば富野由悠季の小説と似た雰囲気があります。亡国のイージスとかも読んでみましょ。
ただ、ローレライ映画版のHPを見てたら、登場人物から重要人物が削除されまくり、キャラ設定も変更されまくり…あんまり見たくないかも…

大阪地酒

またもや実家に帰らずに京都⇔神戸な動きをしました。
神戸で矯正歯科のアレを済ませて、17時半三ノ宮に。まだ時間があったのでそごう地下に。→酒コーナー。そしてキョロキョロしてたら、店員の婦人からお声が。神戸っぽいヤツで2000円までのを…と所望したところ、神戸じゃなくて大阪の新銘柄ですけど新酒コンクールで銀賞を…な酒とかを3種類くらい試飲させてくれましたよ。大阪ってのも珍しかったので購入。大阪は呉春くらいしか知らんかったんですが、なかなかいけます、浪花正宗。しかもデパートやからわざわざ包装してもらってお土産っぽさ満載。これで今度、三重の地酒を買ってくると酒だらけになる疑惑。むしろ手遅れ疑惑。

んで、その後18時の待ち合わせでパイ山に向かう。
19時に高校の友人同士、計3人が揃い、焼き鳥がメインの居酒屋へ。春鹿はそこそこ辛口やのにまろやかさもあって来るもの拒まずなお味、でももっとキツい辛さがあってもいいですかねぇ。まったり飲んで台風が来る前に解散。20%OFFのクーポンはデカかったですよ。歌ったことのないやつに挑戦縛りとか、下手な遠慮のないカラオケが出来そうな面子やったのに、行けなかったのはちょい残念。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。