Te-cafe
0:00~24:00 everyday&night

プロフィール

て

  • Author:て
  • 大学4回生。
    大学は京都にありますが、大津市にある某研究センターで卒業研究するべくRitsに混じって草津に住んでます。



カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


月末多忙

学部の試験日程。
7月4週目は試験が1個しかないのに、31日には3つも。
で、8月1日から臨海実習。
なんてこった。
しかも持久走の合宿は白浜でなくて福井っぽい。
実験所からそのまま遅れて馳せ参じるビジョンは泡と消える。
時間空間ともに上手くいかん。

ついでにProject P続報。
要するにwithsは潰されなくてはならない。
そのことが再確認されたのみ。
スポンサーサイト

Project P

来たる8月、我らがwiths氏がオランダに旅立たれます。

「向こうで子供作って、もう帰って来ないで下さいって言われたってー★」

と、彼は嬉しそうに語りました。
もう彼と会う機会もなくなるということでしょう。

それでも彼の日本での今生の思い出に何か出来ないでしょうか?

そこで彼は所望したのです。

「プリンおもっくそ食いたひ」

考えました。

1.椀子プリン
数で勝負。補佐人の手により椀子にプッチンプッチン…

2.プリンバス
風呂です。身体極小なるwiths氏の片足をおもむろに引っつかみ、逆さにチャップンチャップン。知っていることを洗いざらい吐いてもらいます。

3.プリン投げ
パイ投げならぬ…です。別名プリン合戦。

しかしここでドM設定のハズのwiths氏からこんな注文が。

プリン地獄よりプリン天国がいい。

やはりこんなチビ、国外に追い出すべきです。
やってられん。

4.コレ

でいいや、ペッ!

家庭でバケツプリンを作るには、やはり寒天で固めてしまうプリンの素を使うしかなさそう。
奇しくも今日スーパーで安売りしてたのをプリン天国からの啓示と信じて、試しに購入。

早速作ってみた。

…北部プリンの味

計画では5リットル。
食えるんか?

回転ばなな

さっき下鴨署の前にマスコミが群がってた。
中継車が4台も。
あれかな、奈良の放火の件で行方不明になった後、左京区で保護されたっていう高1の長男。
たぶん京阪で当ても無く終着まで乗ったんやろ。
じゃないとこんな地の果てまでねぇ。

って思ってニュース見たらやっぱ逮捕されとる。
ワールドカップ見たくて民家に侵入っておい。

そしてそんな光景を目撃した俺は雨にも関わらず、

・届いた本を買う
・2軒のスーパーで買い物
・コーヒー豆購入@出町輸入食品
・ミキサー購入@コジマ
・TSUTAYAでCD借りる

と結局ずぶ濡れで動き回ったさ。
さらに洗濯までも。エアコンの除湿を活用。
冬は石油FH使ってたからエアコンを初稼動。
これからまた電気代上がるわけか。

しかしミキサーいいで。
初混ぜはバナナ、牛乳、ハチミツ、氷を突っ込んで。
卵黄入れても良かったかも。

久しぶりに借りたCDは映画キューティー・ブロンドのサントラとTRANCE RAVE BEST 6。特に前者は結構前に映画をTVで見たときに曲聴いて気に入ってたのをようやく手に入れてご満悦。

しかし一番雨ひどい時間帯に出かけてしまった…

雨ヨクナイ

明日木曜は、

1限自主休講
2限休講

以上。

さて何してやろ。

・念入りに掃除洗濯→雨やから不適
・和やかにお買い物、むしろ散歩→雨降るからイヤ
・素晴しい、早くも注文してた本が届いた→雨がアレ
・ひきこもりなんてとんでもない。秘めやかにも居留守をする→雨

ふむ、どうしてくれよう。

前線とか空気読んどけって、所詮は空気のくせに。
してやられる。

感想をば少々

↓のまま更新してなかったら風邪で死に続けてるっぽいので更新。

ちなみにまだ洟と咳はよろしくない状態。
つまりやっぱり死に続けていたわけか。

最近読んだ本(の一部)の感想でも書くべ。


○福井晴敏「Twelve.Y.O」及び「川の深さは」

 正直なところ微妙。単体としてはそれぞれ確かに面白いけど、やはり福井は作品ごとの人物の書き分けが下手。しかし十分に書き分けられてなくても、後に書いた作品ほど上手で面白くなっているのは読む側にも救いがある。この2作と「亡国のイージス」とかと同じ世界観で書かれた新作「Op.ローズダスト」が出てるからそれに期待。むしろ、ハードカバー買う気せんから誰か貸して。

○「ダークエルフ物語」

 神戸のジュンク堂に帰る度(!)にベンチに居座っては続きを読んでたものやけど、ついうっかり購入。ハードカバー上中下。これのダメージでカードの支払い額が大台に。やっててよかったアルバイト。
 内容は…いいですよ、はい。終わりが微妙やけど、実際はこのあとも延々と続くのでよい。大物ファンタジーはこうでなければってところ。既に生協で続編にあたる「アイスウィンド・サーガ」(全9巻)の既刊の3巻は注文済み。この作品、ダンジョン&ドラゴンズっていうゲームの舞台「フォーゴトン・レルム」の設定を使ったファンタジーらしいねんけど、一度はこのゲームやっとくべきかねぇ。

○浦賀和宏「上手なミステリの書き方教えます」

 新シリーズは前の2作が微妙やったけど、ついにここに来て売れるかどうかを放棄してくれた模様。この作品そのものというよりはこれからのシリーズの展開に浦賀ファンとして期待が持てる、といった感じ。


 これから読んでいくのが楽しみなのはとりあえずこんなもんか。他のは単体としての満足度が低かった。しかし近頃満足を感じる閾値が無闇に高くなってる。ファンタジーでは低いけど。
 今月末には森博嗣のスカイ・クロラのシリーズの4作目「フラッタ・リンツ・ライフ」が出る。2,3作目とダメやったから、もう期待はしてない。興味の矛先は表紙がどうなるかだけ。

まだ治らん

以前のドイ語同様に今日の英語でも迫り来る順番とのデッドヒート。

むしろその前に大学に行くのがデッドヒート。
おかげでゲフンゲフンしながら発表。
まだ完治せんのか。

本の感想とか書きたいけど文章考える気力がない…

それはもう風邪

ぜぇぜぇ、ゲフン、ズビー

陰暦五月病とか言ってる場合ちゃうし。

なんてこった。

報せる・知る

書くことないけど一応更新はしておこう。

バイト先に「スホ゜ーツ放置」の会長、社長とその他重役が来たけど高い日本酒は頼んでくれなかった。

ショボ…

ただそれだけ。

大将に灘のお酒も仕入れてくれと頼む日々が続く。

陰暦五月病vol.2

去年同様今年も。

しかし去年は陸上部辞めよっかなとかマトモな悩み事もあったのに、今年の場合、それはもう…

ヒマ

かと言って免許取るのもメンドイ。どうしてくれようか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。