Te-cafe
0:00~24:00 everyday&night

プロフィール

て

  • Author:て
  • 大学4回生。
    大学は京都にありますが、大津市にある某研究センターで卒業研究するべくRitsに混じって草津に住んでます。



カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レアもん

明日から白浜行って来ます。
臨海実習です。
鈍行やらバスやらで節約したいところですが、今日はこんな写真撮ったりしててしんどいので、オーシャンアロー使います。

↓明石西高校付近で保護されたオオコノハズク

Otus_lempiji.jpg


最近のこのサーバ、画像の調子悪いからすぐ消えるかも。
目細めて若干不細工なのでそれもまた仕方ないかと。
スポンサーサイト

恋文

生物系登録のための小論試験を受けてきた。
「渇望」とかいう単語使った。ラブレター出来たよコレ。
結果は2日まで分からん。
つうか今回も裏技作って全員とってくれ。

明後日は用事あるし、明日は部屋の片付けと実習の準備せねば。
なんかこの部屋、オレの居ぬ間に親が京都観光の拠点にするつもりらしいけど、暖房器具は片付けたらまずいかねぇ。
そして家賃とれるかな。

うっかりおやすみ。

もはや日付変わって今日は試験。
しかし帰国子女(この言葉って男含むんすよね)をサカナに飲んで今。
気になるのはヤツがフラスコグラスをきちんと持ち帰ったのかどうか。

案の定

生物系志望者は63人。
定員は55人。
23日の試験はあるっぽいな……
つうか対策とか何やったらええんやろ。
久々に鉛筆で文字を書く練習とかかな。

明日は免許の試験受けに行こうと思ってたら、祝日やから無理やと今さっき気付いた。
臨海実習前に行くなら後は22日しかチャンスないけど、さすがに勉強せなにゃらんかねぇ。
4月入ってからに延期するしかないなコリャ。

つうかこのブログの過去の画像消えやがった。
何が起こったんやら。
ハァ…

定員超え

系登録の紙切れ出してきた。
実習の登録は、A(人類)、B(生態)、C(行動)、D(生態)、E(植物系統分類)。
特にEはどれにするか微妙やったけど、T部先生の癒しヴォイスを聴くことにしといた。
しかし今年の生物系の希望者数は定員超えるかねぇ。
今年の入試も定員311人のところを318人も合格させてるし、オーバーしても全員とってくれると期待してるけど。
つうか、入学の段階で人数オーバーさせたら、系登録で泣きを見るのは事務の側やのに何やってんのやら。

来週は免許の試験でも受けに行って待つか。

故郷を捨てて

いや、住民票移しただけやけど。
これで誕生日過ぎたら、京都で免許の本試験受けに行ってくる。

他に3月の手続き関係で面倒いのが系登録やけど、早くも成績表もらってきた。
出席点をちゃんと稼いでなかったせいか、分子生物学が可な以外は予定通り…

生物科学特別講義2 優

これって分子人類学のやつか。
たった1日半出席表に名前書くだけやから、「合格」とかでくると思ってたのに。
1日目、2日目午前、午後の3回出席取ったから、出席1回で可、2回で良、3回で優ってことですか、そうですか。
結構なことですね。

那智勝浦2日目

2日目朝、アラームも無しに7時半に目覚める。
温泉効果か。
朝風呂して4度の入湯を達成。

紀伊勝浦駅からバスで熊野古道の入り口の一つ大門坂へ。
夫婦杉が花粉症の方々を出迎える。

couple.jpg

思った以上に山道山道してた。

kodo.jpg

kodo2.jpg

途中、竹林の側の庚申塚に五エ門が修行したっぽい形跡が。

kousin.jpg

大社への参道には那智黒石の彫刻やらなんやらが一杯。
偽物も多いようで、こんなんも。

meno.jpg

1.4km40分と書かれた案内板通りの道中を経て、熊野那智大社に着。

shrine.jpg

境内にはヤタガラスの姿も。

raven.jpg

楠の大木に貫通したウロが開いてて、「胎内くぐり」が出来た。

hollow.jpg

hollow2.jpg

そのあとは遠くに見えてる滝へどんどん近付く。
三重塔の横を通り、滝のすぐ側の飛滝神社の中を抜け、銚子口へ。

tower-with-fall.jpg

tower.jpg

waterfall.jpg

落差133mあるのに、大きさ比べるもんがないせいか迫力ある写真が撮れんかった。
誰か飛び込みゃいいのに。

昼飯食ってからホテルに戻って、バスで再び紀伊半島回って帰京。
なんだか真面目に観光しましたな。

那智勝浦初日

1日2日で推理研の春合宿で行ってきました。
なんかもうこんなにまともに観光したの初めてではなかろうかといった気分。

なんとまあ京都からホテルまでの送迎バスが出てて、紀伊半島を瀬戸内海側からぐるっと南端を回って反対側まで。
休憩含めて朝8時発、昼14時着の旅程。
まあホテルのチェックインの都合あるし、必ず14時に着くようになってるんやろうけど。

この送迎バスが往復で2000円。
宿泊費は朝夕付き一泊7800円。
カラオケに行くとよく宣伝してるアレですね。

しかし那智まで行くのには、もっとこう奈良とか横切る感じで行けるのかと思ってたのに、阪和自動車道途切れた後は沿岸の42号線を延々と走り続けたのには閉口。
しかも去年はこの時期に教授っていうかマコリンの車で臨海実験所まで往復し、夏は実習+合宿からレンタカーで帰り、今月末にはまた実験所に行くとき通るこの道を行くとはね。
もうウンザリです。

m-size.jpg

賛成ですね。1両編成で。
↓バスの中でのヒマつぶし。

head.jpg

禿げとる。

潮岬をちょっと過ぎた大島の根元のところで昼飯休憩。
橋杭岩なる奇岩が多数。
けっこう凄いのに全然知らんかった。

hashigui.jpg

とてもじゃないがカメラに写りきらない幅、むしろ海どころか道路に至るまでこの岩が横一線に並んでるのは尋常ではない絶景。

昼食はここにあった毎日この送迎バスの客を目当てにしてる蕎麦屋で、紀伊名物サンマ寿司を食う。
そんな店のくせにさすが本場といえる味。

ただの弾丸バスかと思いきやですよ。
やるなジャ○カラ。

ホテルはバブルもクソもなく死にかけたやつを無理矢理再生させた感が満載で趣深い。
温泉は24時間入浴できますが、11時から14時までは清掃のため入浴できませんという注意を受ける。
なんにせよ深夜にも入れるのはありがたい。
もちろんジ。ンカラのおかげでカラオケルームあり。
19時までは無料なんだとか。むしろドアにあの店のマーク入ってたし。

観光は翌日に回して、初日は駅前でも散歩して温泉に入り浸って例会(読書会と犯人当て)やって飲むだけ。

なんせ駅前寂れすぎ。
マグロうどん。

kabuto.jpg

シャッター閉まってたので現物は見れず。

マグロ饅頭、フカヒレ饅頭。
manju.jpg

同上。
那智黒は外せない。

しかしめちゃくちゃ温かい陽気の中の散歩やったせいで、そのあとの温泉の良いこと良いこと。
晩飯はさすがに採算がアレなのかアレやったけどとにかく腹ごなしに再び温泉入って、例会。
1回生の初例会×2やから拙いところも多く、結局3時間以上もやり続けてまあ合宿らしいっちゃあらしい感じに。
飲んで話して3時半くらいに温泉入って寝た次第。

ほとんどバス移動のはずの1日目がこんなになるとは。
明日2日目の那智観光書きます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。