Te-cafe
0:00~24:00 everyday&night

プロフィール

て

  • Author:て
  • 大学4回生。
    大学は京都にありますが、大津市にある某研究センターで卒業研究するべくRitsに混じって草津に住んでます。



カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何のためにここにいるのか

うちのOB作家2人と有名な評論家による講演会に行ってきました。
なんとなーく検索回避したいしはっきり書かんけど、西大路丸太町近くの大学でやってました。
以下、そんな気分ゆえに固有名詞、専門用語を排除した曖昧な文章。

 主な内容はうちのサークルで普段例会でやっている、ある特殊なゲームである作品分野について。現役会員も議論しあっているような問題について、有意義な話が聞けたけど、普段それ(商業レベルの作品には少ない)に触れてない人らが、どこまで具体的なイメージを抱けたのだろうという疑問が残る。

 そして講演会後に突然、主催してる大学の先生がうちや他大のサークルの人を呼び集めた。次回の講演会が第10回だから懇親会か何かやりたいと言われる。これがまた「何かやりたい」以上でも以下でもなく、ただの常連で部外者の我々に言われても、どうしようもなかったわけですよ。
 それでも、それについて話しましょうと言われて、歓談してる作家ら(ゲストの人と見に来てた人)のところへ案内される。そこで決まったのは、そのときの協会賞受賞者とか作家連中呼んで、懇親会の形で語らいあう催しみたいなのをできたらという方向。でもその先生と作家が話してるのを、集められた学生はその様子を聞いてるだけ。
 まだなんか具体的な話を我々とするのかなと、お茶を飲み飲み待ってても、作家も他大の人らもくっちゃべってて場に変化が起きない。
 我々は何のためにここにいるのか?
 結局どうもその先生は作家連中と交流の場を与えてあげてたつもりらしい。

 やれやれ。

 さて、巷のファンが普通に感じるであろう、ただ純粋に作家に会ってみたいという感情であるが、うちのサークルの面子にとってはあまり共感できないもののように思う。他のジャンルの有名人に対するのと同様に作家という人間に対して憧れ(下手すりゃ崇拝)を抱く感覚は、うちのサークルの場合、入会してしばらくしたら失われがちである。
 それは、OB作家を単に大先輩と認識するのに慣れてスレてるのと、それ以上に普段から皆で批評(そして残念なことに批判が多い)していれば、存命の作家の実力は値踏みされ、幻想を抱く余地などないことが分かることによるのだろう(そして島荘は別格ということになるのだが)。
 会員らは本格狂い、ミステリ狂いであるのが先で、作家のファンであることは二の次になっている、なっていくということである。講演会などがあれば喜んで行くのだが、目的は作家ではなくその内容なのである。ただのサイン会ならまず行くまい。

 今回の講演会を主催してる大学の先生や、毎年講演会を主催する他大サークルとの意識にズレがあるのはこの辺であろう。特にそれを専門にしてると思しき先生が、作家を呼べて喜んでるだけなのはいかがなものかと思うのだが。
 ようやくどう取り組めばいいか分かってきた気がするのに、純粋にミステリを語り合える環境がどんどん失われていっているのは哀しいことである。



変わって、大学関係の話。

実習期間残り2週間しかないのに院生のモズ研究は四苦八苦。
実習生としてはテキトーに手伝う以外しょうがない。

来週火曜はそんな実習もブッチして、大津にある生態研の先生らがやってる琵琶湖の内湖の調査に連れてってもらうことに。
授業中に、来たければどうぞみたいなことを言ってたからメールして頼んだ。
気分も高ぶるというもの。

そういった次第で、ミステリだけでなく、専門分野の本に対する読書欲もいい感じに高まってきた今日この頃。
スポンサーサイト

ペーパードライバ講習

友人が車を手に入れたので、これはもう乗り放題。
とりあえず8月のマコリンツアーin木曽(パンキョーの生物学実習Ⅱ)に行くときに借りる予定。
でも、1月以来乗ってないペーパーのままでは怖いってことで、今日ちょっと運転させてもらった。

軽じゃないけど、Vitzなんで小さい。
教習所の微妙にデカめなのしか乗ったことないから、かなり走らせやすい。
サイズがそれでAT車やから運転感覚は問題なかったし、京都市内で免許とって、普段から原チャ乗ってるおかげか、市内を適当に危なげなく運転できた。

残る問題は駐車。
教習所でポール見ながらできた時とは分けが違うから、練習いっぱいせな無理ですな。

次回は大津あたりまで行こうかという話。
夏の学部の実習では生態研まで毎日原チャで通わなあかんから、その下見にしますかね。

Wild Würger

水曜日。
朝7時に大学発、亀岡の田んぼ近くでモズ猟。

8時頃着、9時頃にカスミ網を張り終え(準備は院生の方がほとんどやっちまった)、まあのんびり待って日中一杯粘って獲れるかどうかやなーなつもりが、10時の最初の見回りで、

mozu.jpg

あっさりかかった。
狙ってた雄の個体ではなく、そいつが連れてた巣立って間もない若鳥っぽい。
これでとりあえず死なせなけりゃ、実習のネタは何とかなったことに。
(指導してくれてる院生の実際の研究ではもっとサンプル集めて実験するらしいけど、3回生は予備実験の段階に参加させてもらう)

この日は結局すぐ撤収して、こいつ連れ帰った。
しかし院生の方には当然毎日の世話(+まだまだ追加の捕獲とか)あるけど、我々は特別しゃしゃり出たいのでもなけりゃ、モズを飼育環境に慣らすまであんまり作業なし。
もともと人の研究やねんからそんなもんやろうけど、ええんかこの実習…。
せめて実験する前にモズ研究の文献とか読んどくか。

復活

ただいま。
むしろおかえりADSL。

4月、光が入ったというビラがきて、喜んで申し込んだわけですよ。

が、そのビラが間違いだったことがADSL解約手続きが手遅れな段階で判明。
久々に怒り心頭、怒髪天を衝く…な気持ちになりまして、余りの不愉快さに周りの人にグチる気にもなれず、ブログも放置かましました。
途切れてた臨海実習レポはもう放置で。

というわけで、ちゃんと生きてましたよ>このブログでしか音信とってない人

さてここ2ヶ月ほど何してたかやけど、
授業(ほとんど実習だけ)は、

4月授業開始~5月頭:嵐山にてニホンザルの行動観察
5月頭~先週:ハンミョウやらオタマジャクシやらで個体群密度推定法の実習

が既に完了。
野外で得たデータをエクセルとかで解析するのに四苦八苦ですよ。

で、今週からは行動学の実習で院生の人の研究にくっついて、モズやることに。
実習生がそれぞれ1~2人ずつ別の院生のとこ行くから、実習の割には結構選択肢あり。
自分が鳥(の研究)やる可能性低そうやし、捕獲許可とってまで捕まえに行く機会はそうなかろうっていうのがこれ選んだ理由。
捕まえてきた後は室内実験やけど。

他には嵐山毎日行くのに電車使うのダルかったのもあり、原チャ買ったくらいかね。
そんで7月には二輪の免許取りに行くことにしま。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。